読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あどべんちゃぁ -nature log-

冒険を求めて。林道・キャンプ・思いついたこととか。

東北林道ツーリング -日本海を求めて- 2016年夏

こんばんわ。2016年夏に仕事で夏季休暇を頂いたので、地元の先輩と一緒に東北へツーリングへ行ってきました。

ルートは、
福島→山形(ちょこっと新潟)→秋田→青森→岩手→宮城
と、日本海側からぐるりと回ってきた感じです。日本海要素は秋田ぐらいしかありませんが(山形はほぼずっと山の中だったので)。

 

待ち合わせは福島で

確か2泊3日程度のお休みだったのですが、私は前乗りして3泊4日くらい。下道で神奈川→福島へとのんびり行きました。

初日(といっても深夜出発)は会社が終わったらすぐに準備して埼玉あたりの道の駅へ。眠くなったのでベンチで仮眠(笑)蚊に刺されまくりました。夏に肌晒して寝るのは良くないですね。

朝起きて、すぐに出発。とりあえず日光あたりの林道へ向かいました。

 

はい、通れません。

 

というわけで次の林道へ(笑)しょっぱなから躓いていますが、この林道は楽しかったです。道は崩れてるわ、砂の山を走る羽目になるわで、なかなかあどべんちゃあしてる感ありました。

 

キャンプしたら気分よくなれそうな道ですね。

 

そのあと、この羽鳥湖の道の駅で待ち合わせ。コンビニがこんなとこまで出てこないと無いんですね。

 

先輩がくるまで一人で酒盛りです。

 

夜中に先輩がやってきて、少し仮眠して、朝です。とりあえずひとっ走りします。道を間違えて牧場まで来てしまいましたが、これはこれでいい感じ。

 

朝6時くらいだったので、いい感じに空が澄んでます。

 

そのあとは朝日スーパー林道をぶっとばします。こういう風景ってなんか好きなんですよね。

 

鳥海山の展望台にはなぜか鹿がいました。雑草も食べるんだね・・・。

 

鳥海山から見る夕陽です。これを見に来たんですわ。

 

2日目は秋田へ

2日目は秋田県へ抜けていきます。朝がつらすぎてたばこと灰皿(ビール缶を灰皿にしてるんです)を手に、ぐったり。そりゃあ、林道と下道で福島から秋田手前までくれば疲れちゃいますね。

 

この後の林道は確か、奥山林道・手代林道という林道でした。山形県側は奥山林道という名前で、ひっどい深砂利、20キロ巡行くらいでした(笑)秋田県側に入ると名前が変わり、手代林道となります。先ほどの荒れ道が嘘のよう。楽しい道でした。

 

その後、男鹿半島へ向かいますが、混雑していて特に印象に残っていません。

 

ところ変わって寒風山です。大潟村がみえます。ここは最高にいい天気で、いい景色でした。ちょっとお気に入りリスト入りしてしまうかも。

 

寒風山から降りてきて、名無しの海岸沿いダートあたり。直線の気持ちいいダートです。

 

そして青森の白神林道へ向かうのですが、楽しすぎて写真撮り忘れました(笑)印象的だったのは、林道なのに2車線あるんじゃないかってレベルの道幅です。しかも車がすごいスピードで突っ込んでくるので、驚きました。青森県、すげえ。

 

白神林道を1時間くらい堪能し、時刻は4時半ごろ。東北の林道は満足したかな?というあたりで、宿が無い。正確には安いキャンプ場がない。これは困った・・・。ということで、弘前岩手県岩手山へワープ。この時が一番疲れました。

 

3日目は仙台まで・・・

さて焼山でキャンプをしたのち、とりあえず岩手県県道1号をぶらり。写真を撮る元気もなく、ビデオも電池切れ。文章のみになります(笑)

西和賀町まで降りてきて、栗駒方面へ伸びる林道へ足を運びます。確か15キロはあった気がします。萱峠(かやとうげ)って林道だった気がします。そして秋田県湯沢→宮城県栗駒(大崎?)までオンロード。冬は積雪量がハンパなさそうだと思いました。赤白ポールじゃなくて赤白矢印が上についてましたから・・・。

 

そのまま仙台まで下道で出て、仙台→神奈川とワープ。

 

 

弾丸ツーリングを終えて

 

疲れた・・・。

東北は良い景色が多くて、自然もそのままでいいですね。次は冬に訪れたいです。スキーか、ぶらり電車の旅か。